LED電球が使えないことがあるので注意しましょう。

LED電球が使える場合、使えない場合

LED電球は実用的な照明器具だからといって、どんな場合にでも使えるとは限りません。LED電球を取り付ける際、いくつかの物理的な条件がともないます。これにしたがわなければLED電球は導入できません。


新築の家なら、照明計画を実行することはたやすいはずです。部屋内の配線をLEDに適合するように施工すればいいだけです。LED電灯には省エネ、即点灯、虫に侵入を防ぐ、などのメリットがあるので、玄関外に取り付けても長時間使えます。また、廊下、階段などは電灯を頻繁に使うため、付けたり消したりしても耐えられるLEDがお薦めです。またトイレや洗面所などに、空間全体を照らす必要がある場合は、光が拡散するLED電球をお薦めします。洗面所では顔の色や健康状態を見ることも考えられるので、電灯の色にも注意すべきです。


しかし家に既存する照明器具をLED電球に替えたい場合、物理的な条件が合うかどうかなどの問題を検討することになります。これらの問題をあらかじめ考えておかなければ、せっかく買ってきても電灯が使えない場合があるので、しっかり確認してください。まず口金を確認します。例えば、一般電球の口金は[E26]で、小型電球は[E17]です。そして、電球の差し込み部分の口金も確認してください。その次に、密閉型器具の場合は必ず密閉型に対応するLED電球を選びます。そうでなければ、非対応の電球は寿命が短くなる問題が出てきます。


もう一つ、LED電球は屋外の照明器具には適していないことに注意すべきです。技術の制限的にLED電灯は雨、露、日光の高温などでショートし、電球が故障することがあります。


LED電球使用には物理的制限が多くあるので、検討してから使います。


照明のリフォームで、部屋の雰囲気を変えよう > 照明器具を変えるだけで、こんなに違う > LED電球が使える場合、使えない場合

照明器具を変えるだけで、こんなに違う

部屋の印象、広さの感覚が変わる

自分が望む部屋の雰囲気を考えて照明器具を選びます。

手軽にはじめる、照明器具の付け替え

照明器具の付け替えで、家族の暮らしを幸せにしましょう。

シーリングタイプの照明器具

シーリングライトは我々の生活に広く使われています。

ペンダントタイプの照明器具

ペンダントタイプの照明器具は視覚的にきれいです。

節電向きのLED電球を使ってみよう

照明器具にLED電球を使ってみてはいかがですか。

集光タイプ・拡散タイプ、2種類のLED電球

光を集めるか拡散させるかによって違うLED電球を買います。

照明器具を変えるだけで、こんなに違う
部屋の印象、広さの感覚が変わる
手軽にはじめる、照明器具の付け替え
シーリングタイプの照明器具
ペンダントタイプの照明器具
節電向きのLED電球を使ってみよう
LED電球が使える場合、使えない場合
集光タイプ・拡散タイプ、2種類のLED電球
本格的に照明のリフォームを依頼するなら
大規模なリフォームの一環としての照明リフォーム
家全体の光の配置を考える
照明リフォームが得意な業者を選ぼう
場所に合わせた光選びを
直接照明・間接照明の使い分けを
光の反射を考える
自然光とのマッチング
照明のリフォームで、部屋の雰囲気を変えよう照明器具を変えるだけで、こんなに違う本格的に照明のリフォームを依頼するならサイトマップ